文字サイズ変更

お問い合わせ
ページ印刷

トップメッセージ

当社グループは2009年の創業以来、「安全と安心を提供し、自然で和やかな笑いに満ちた温かい育児環境をつくり出す」という企業理念のもと、子どもたちが安心して健やかに成長し、保護者が社会で活躍できるよう、首都圏および大阪で60の保育施設を運営しています。

核家族化や共働き世帯の増加など、近年子育てを取り巻く環境は大きく変化しています。今回のコロナ禍においても保育所は必要とされ、なくてはならない社会インフラと言っても過言ではないと思います。

どのような時代になっても、子どもたちの健やかな成長には、愛情や人の温もりが欠かせません。私たちは、子どもたちに、愛情あふれる保育を通じて笑顔を届けるのはもちろんのこと、保護者の方々にも笑顔になってもらえるよう、よきパートナーとして心の支えになる保育園運営を行っています。また、職員にも笑顔で活躍してもらうことが不可欠と考え、研修の実施により資質の向上に努めるとともに、昨今課題となっている職員の労働環境の改善や、処遇改善にも、積極的に取り組んでいます。

私たちは、社会全体が子どもを育む社会インフラとして、人々、地域をつなぐハブ(拠点)的な役割を担ってまいります。株主の皆様には、株式投資という形を通じ、このインフラ整備とその発展に参画いただき、日本の未来をつくる子育てにぜひ加わっていただきたく思います。

子育てに関わるすべての人たちが笑顔でいられるように、また地域・社会全体で子どもを育む世の中の実現に向けて、さらに充実した保育の実現に取り組んでまいります。

代表取締役社長
西尾 義隆